2016年05月18日

息子は3才に・・・

image.png

今月、息子は3才になりました。


思い起こせば、今から3年前、市役所に出生届を出しに行き、受付の女性から「子育ては、ホンッッットウに大変ですけど、がんばってくださいね」といわれ、自信過剰な私は、自分に限っては育児なんてどうってことないだろうとたかをくくっていました。。


ところがどっこい、イクメン生活がスタートしてみると想像を絶する育児の凄まじさを思い知ることになりました。


妻と実家と保育園のサポートがなければ、私はとっくに昇天しているところでした。


でも、普通にサラリーマンをしていたら育児というものがよく理解できなかっただろうと思うので、世の中のお母さんたちの気持ちがちょっとはわかったかなあなどと思います。


そして、育児が少しは落ち着いてきたかなと思ったところで、年子として次は女の子が生まれてきたので、育児の凄まじさが加速してまいりました。


女の子は男の子よりも病気に強いし、おとなしいから育てやすいよ、というまわりからの甘い言葉に安心していると、生まれてみれば病気も同じくらいするし、男の子よりも活発に動くではありませんか!


この娘は、保育園では絶えず動いているらしい。。。


現在も創作活動をしながら、イクメン生活は進行中であります。


今後も気を引きしめて、楽しんで育児をしていきたいと思います。


私を助けてくださっている方々、どうもありがとうございます。


posted by ハナムラ・ヒロユキ at 23:15| ただの日記

2016年03月24日

公園で・・・

image.png

久しぶりに更新します。


今朝、図書館のポストに借りた本を返却しようと、画集などの分厚い本をポストの中に入れてグイっと手を抜いたら、ポストの蓋に中指が引っかかり皮膚がズル剥けて出血しました。


ポストには「ポストに手を挟まれないようにご注意ください」と貼ってありました。


「ストライク!!」とか「カブッ!!」とか貼ってあれば、ユーモアがあるんだけどなあなどと思いましたが、それよりも出血している指が痛くて、今後は注意しようと思いました。


そういえば、先日、保育園の帰りに息子と娘を連れて市民公園に行きました。


アスレチックで遊ばせようと連れて行ったのですが、なぜかこどもたちではなくて制服を着た男子高校生6人ぐらいが、アスレチックを駆け回って鬼ごっこをしていました。


アスレチックの注意書きには「対象年齢6才以上」とあるので彼らは違反はしていないし、むしろ息子2才、娘1才の我が子のほうが対象外なのですが、それにしても不思議な感じがしました。


いつか本で、幼児期にしっかり遊ばせずに勉強ばかりさせると、成長してから幼稚な行動があらわれることがあると読んだことがあるのですが、これなのかななどと疑問を感じながら走り回る高校生を見ていました。


でも、50代のおじさんたちが鬼ごっこしていたら世も末だけど、まあ高校生だったらいいかななどとも思い、彼らは無邪気な魂なのだということで納得することにしました。


とかなんとかいって、本当は自分も鬼ごっこがしたかったりして。。。


アスレチックで遊び終わり、こどもたちとテクテク歩いていると、向こうから大きな白いフワフワの名犬ジョリーと同じピレニーズと、トイプードルではない大きな黒いスタンダード・プードルがやって来ました。


あまりに可愛かったので、こどもたちを連れて犬に近づきました。


息子と娘は、あまりの大きさに驚いていましたが、白いフワフワの毛を触って喜んでいました。


すると、ピレニーズが私に近づき、私の股間の匂いを嗅ぐと首をかしげていました。


いつも清潔になるように心掛けていますが、犬からするとそこは未知の領域だったのかもしれません。


まったく失礼な犬だと憤りを感じましたが、吠えるわけにはいかないので、大人の振る舞いをしてその場を後にしました。


最近は、こんな感じで平和な毎日が続いています。


ああ〜、幸せ。。。。
posted by ハナムラ・ヒロユキ at 12:44| ただの日記

2016年02月27日

ラーメン・・・

久しぶりに更新します。


最近、ラーメンを食べていてふと思い出したことがあります。


3年ぐらい前に、妻の友人がフィジー人の旦那さんを連れて我が家に来た時のことです。


このフィジー人の旦那さんは、とても経験なキリスト教徒でした。


毎食前には、必ず感謝の祈りを捧げてから食べる、という習慣があるので、その時は私たち夫婦も彼らに従って祈りを捧げてから食べました。


翌日、空港まで自動車で送って行く途中、昼時だったのでどこかで昼食をしようということになりました。


ラーメンなんかはどうかなと思い、私と妻と友人夫婦でラーメン屋に入りました。


注文後、数分で私たちのテーブルにラーメンが運ばれて来ました。


私は、ここでも祈りは捧げるのかなぁと様子をうかがっていると、やっぱり祈りを捧げることになりました。


私は周りの目が気になりましたが相手を尊重しなければと思うので、私たち4人はラーメンを前にしてフィジー人の旦那さんが祈りを捧げている間、両手のひらを上に向けて目を閉じ、最後に「アーメン」と言ってからラーメンを食べました。


アーメンと言ってから、ラーメンを食べたのは生まれて初めてでしたが、こんな敬虔な気持ちでラーメンを食べたのも初めてでした。


フィジー人の旦那さんはラーメンは美味しいと言っていましたが、箸がうまく使いこなせず四苦八苦している間に麺が伸びてしまい、半分ぐらいは残してしまいました。


私は心の中で、残して捨てられたであろうラーメンに祈りを捧げ、最後にアーメンと締め括りました。
posted by ハナムラ・ヒロユキ at 22:39| ただの日記

2016年01月25日

あけましておめでとうございます!

image.png

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。


今年も一年どうぞよろしくお願いいたします。


皆様にとって素晴らしい一年でありますように〜。

posted by ハナムラ・ヒロユキ at 13:25| ただの日記

2015年12月29日

今年も残りあと僅か・・・

おかげさまで個展は大成功しました。


来てくださった方々、来れなかった方々もどうもありがとうございました。


今日は12月29日。


今年も残りあと僅かとなりました。


我が家にはテレビが無いので年末ムード


おんぶしている娘が起きて暴れ出したので、この辺で止めます。。。。


さようなら、良いお年を。。。
posted by ハナムラ・ヒロユキ at 08:24| ただの日記

2015年11月22日

干し柿・・・

花村家では、今年から干し柿を作っています。


軒下にはたくさんの柿が吊るしてあります。


今朝、妻が出勤する前に、干し柿をイヤリングとして使ってみてはどうかと提案してみると、彼女は終始無言でした。


干し柿のイヤリング。


お腹が空いたら食べれるし、剥きたての渋柿を耳に吊るしておけば日に日に熟してくるので、通勤中のサラリーマンたちの目を楽しませることもできます。


でも、まずは自分が、干し柿のペンダントから始めるべきかなぁ、などと思うのでした。


我が家の干し柿は、もうすぐ食べ頃です。
posted by ハナムラ・ヒロユキ at 08:04| ただの日記

2015年11月11日

泣きわめく・・・

2才半の息子と、1才の娘が同時にぎゃーぎゃー泣きわめくと私はパニックになり、育児って大変だなぁと思い知らされます。


どうにか解決しようとしてもお互い言葉が通じないので、子どもたちは泣き続けています。


こんな時、死んだふりして寝っ転がっていたいなぁ、なんて思ったりします。


でも、そんなことしてもダメなので、お父さんはがんばらねばならんのです。


楽しく子育てしよ〜。
posted by ハナムラ・ヒロユキ at 23:18| ただの日記

2015年10月22日

次の車は・・・

現在、花村家ではパジェロミニを乗っています。


でも、大人2人と子ども2人ではやはり小さいので、妻と次回はどんな車にしようかと話し合いました。


ワンボックスなら広くてゆったりできて荷物もたくさん載るし、ハイブリッドだったらなおさら良いと考えていました。


結局、ガソリンも要らなくて環境に優しくエコな車ということで、フリントストーンで乗られている車にしようということになりました↓



posted by ハナムラ・ヒロユキ at 13:38| ただの日記

2015年09月30日

白い服の女の人・・・

image.jpg

昨夜私は、眠りに就く前に布団に入り、暗い部屋でiPadでネットをしていました。


段々と眠くなり、そろそろ寝ようかと思いiPadを閉じると、何と枕元に白い服を着た女の人が立っていました。


霊感は強くない方なのですが、幽霊がこんなにハッキリと見えたのは初めてで、ものすごくびっくりしました。


すると、白い服を着たその女の人はこう言いました。


「iPad、貸して・・・」


よく見たら、白い服を着たその女の人は、妻でした・・・。


幽霊も怖いけど、妻も怖いなぁ〜などと思いながら、私は深い眠りに就いたのでした。




posted by ハナムラ・ヒロユキ at 10:11| ただの日記

2015年09月24日

つかまり立ち・・・

来月で1才になる娘は、ここ最近は二、三歩あるけるようになりました。


が、立つ時は、私が近くに居るとわざわざ側までハイハイしてきて、私のすね毛をつかんで立ち上がります。


私は、非常に痛いです。


やめて欲しいのですが、幼い娘には、そんなことは関係ないようです。


そういえば、すね毛で思い出したのですが、エルサルバドルで知り合った日本人のMさんは、すね毛が濃すぎて、血を吸いに来た蚊がすね毛に絡まってしまうそうです。


蚊が媒介する病気が流行る国なので、うらやましいなあなどと思っていました。



最近は、涼しくてとても気持ちがいいです。


それでは、また。
posted by ハナムラ・ヒロユキ at 23:35| ただの日記

2015年08月26日

お久しぶりです・・・

久しぶりに更新します。


子育てや仕事やあれこれバタバタしていまして、更新してませんでした。


お盆が過ぎてから、随分と涼しくなってきました。


そうです。


もうすぐ、私が大好きな秋がやってきます。


春もいいけれど、花粉で苦しむし、段々と暑くなってくるのがちょっと嫌なのです。


だから、やっぱり夜に涼しい風が吹いて、鈴虫の音を聴きながらビールを飲むのが最高な秋がいいです。


秋といえばサンマですが、漢字で書くと「秋刀魚」になります。


時々思うのですが、秋刀魚を凍らせたら、読んで字のごとく「刀」になるのではないかと。


悪い奴に、凍った秋刀魚で刺されて死ぬような最後は遂げたくないなぁ、などと思ったりします。


まあ、それはいいとして、秋刀魚はレモン汁と醤油をかけた大根おろしと一緒に食べるのが一番美味しいと私は思っています。


話は変わりますが、妻とビールを飲むときは、妻のリクエストでカルビーのポテトチップスを買ってきます。


標準サイズだとすぐに食べてしまうのでBIGサイズを買ってくるのですが、いつも思うのが、中身より空気の方がたくさん入っているのではないかということです。


こんなに空気が入っていたら、自動車のエアバッグにも使えるのではないかと思います。


まあ、どうでもいいんですけど。。。


現在、キリンの秋味を飲みながらブログを更新しているので、くだらない内容になってしまいました。


いつも、くだらないけれど。。。。


では、BIGサイズのポテトチップスを枕にして、眠りに就こうかと思います。




そういえば、満月を見るとポテトチップスを思い出すのは私だけか、というかどうでもいいな。。。

posted by ハナムラ・ヒロユキ at 22:51| ただの日記

2015年06月22日

海鮮丼・・・

image.jpg

久しぶりに更新します。


育メンをしていると、あっという間に1日が終わってしまい、なかなか更新できませんでした。


更新しなければいけない理由など、ないのですがね。。。


そういえば、今年の3月に妻の故郷の長崎に里帰りした時のこと。


海鮮丼がとても美味しい店に入り、私は超豪華な海鮮丼を注文しました。


妻はあまりお腹が空いてないとのことで、私だけたべることにしましたが、息子も食べたそうだったので少し分けてやりました。


小さい茶碗に分けて、レンゲのようなスプーンで慣れない手つきで息子は食べていました。


その時、私達が居る後ろのテーブルでは、年配男性が若い社員二人に説教をして酒を飲んでいました。


暫くすると、突然、息子は何を考えたのか、スプーンで酢飯をすくい天高く振り上げました。


その瞬間、酢飯は宙を舞い、後ろのテーブルまで飛んで行ったので、私は頭の中が真っ白になりました。


年配男性たちは火山灰が降ってきたかの如く、降り注ぐ酢飯を両手で防御していました。


私達夫婦は急いで後ろのテーブルに行き、彼らに平謝りしました。


飛び散った酢飯を回収しようとしましたが、結構だ、とのことで私と妻は席に戻ろうとした瞬間、その年配男性の禿げ上がった艶やかな頭の上を見ると、何と酢飯が乗っかっていました。


「失礼します」と言ってティッシュで拭き取るわけにはいかないので、私達は急いで食事を済ませ、逃げるように店を出ました。


頭にくっ付いたのが酢飯だけでよかった、刺身までくっ付いたら寿司になってしまうではないか、などとちょっと想像しました。


それ以来、外食では息子の行動に目を光らせるようになりました。



posted by ハナムラ・ヒロユキ at 23:50| ただの日記

2015年05月21日

UFO・・・

image.jpg

久しぶりにブログを更新します。


子守りに疲れてヘトヘトになっていたので、なかなか更新できませんでした。というか、そんな大した内容はないのですけど。。。


突然ですが、私はUFOを2回見たことがあります。


一回目は、中国の南昌に旅行に行った時で、巨大な噴水を見ていたら夜空にUFOが現れました。


ぐるぐる回っている感じで、素早い不自然な動きをして消えてしまいました。


2回目は、自宅のトイレからぼーっと空を眺めていたら、青い空にUFOが小さく現れたかと思うと、雲に隠れて消えてしまいました。


というような、私からするとビッグニュースなのですが、この話を友人などにすると一瞬沈黙して、話を変えられてしまいます。


要するに、相手にされてないということです。


なので、みなさんも、もうこの人の話は聞きたくないなぁ、とうんざりしてきたら「そういえば、私、UFO見たの!!」と言えば話が切り替わったり、終わったりするかもしれません。


不意に、え!それどんなUFOだったの!?と聞いてきたりしたら、パッと目を閉じて沈黙しましょう。


おそらく、どうしたの?と聞いてくるので、こんなときは


「しぃ〜〜〜!!しずかに。今、宇宙と交信中!!」


などと言って沈黙を続けていれば、相手はつまらない話をやめて立ち去ってくれるかもしれません。


というか、くだらないなあ〜。。。この話。


次回は、もっとマシなことを更新しようと思います。


posted by ハナムラ・ヒロユキ at 00:00| ただの日記

2015年04月06日

朝刊のチラシ・・・

今朝の新聞折り込みに、高麗人参のチラシが入っていました。


そこには77歳の精力がみなぎる男性が笑顔で写っていて、横のコメントにはこう書いてありました。


「歳の離れた彼女と一緒に、スナックに行ってカラオケを楽しんだり、買い物や旅行をして楽しんでいます。120歳で結婚するのが夢だから、まだまだ元気でいて、男としても現役じゃないとね」


とありました。


歳の離れた彼女って一体どのぐらい若い子なのだろう?と普通は思います。


でも実は、歳の離れた年上の彼女で、120歳ぐらいだったりして。。。


その男性の記事の横に、その彼女も載っていて「私もまだまだ捨てたもんじゃない!」とか書いてあったら面白いのになあなどと思いました。


高齢者、がんばれ!

posted by ハナムラ・ヒロユキ at 10:53| ただの日記

2015年04月04日

入園式・・・

image.jpg

昨日は、娘の保育園の入園式でした。


昨年度、息子がお世話になった先生方は、転勤や別のクラスの担当になったので残念で涙が出そうでした。。。


TMK先生、STR先生、一年間どうもありがとうございました。本当に感謝しています。


これからもよろしくお願いしますね〜。

posted by ハナムラ・ヒロユキ at 06:33| ただの日記

2015年04月01日

新年度・・・

image.jpg

今日から、新年度。


今年度も、心身ともに爽やかにいきましょう!

posted by ハナムラ・ヒロユキ at 10:04| ただの日記

2015年03月30日

ヘッドバット・・・

image.jpg

もうすぐ2歳の息子を着替えさせる時は、私はあぐらをかいてそこに息子を座らせてから行います。


最近の息子はとっさに動くことが多くなり、着替えさせている途中にいきなり立ったり、頭を後ろに動かしたりするので、彼の後頭部が私の鼻に当たり、私は鼻血が出そうになります。


空手歴が長い私ですが、着替えさせるため両手がふさがっているため防御ができないので、今後は野球のキャッチャーのマスクとか、芸人が外人を演じる時につける高い鼻をくっ付けて鼻を守らなければなどと思っています。


しかし、本当に痛くて涙が出てきます。。。
posted by ハナムラ・ヒロユキ at 06:02| ただの日記

2015年03月17日

回転寿司・・・

image.jpg

昨晩、家族で回転寿司レストランに行きました。


もうすぐ2歳になる息子は、パクパク食べていました。


が、


ネタだけ。


シャリは、私が全部食べました。。。


今まで、こんなにシャリだけをたくさん食べたのは初めてだったので、息子にはいい経験をさせてもらいました。


でも、大きくなってお嫁さんの家に結婚の挨拶に行った時、寿司を出されたらネタだけ食べてはダメなのだよ、ということを教えてやらねばとも思いました。


あと、私たちの隣のテーブル席には老夫婦が居たのですが、廻ってくる寿司を見る彼らの目の鋭さはとても印象的でした。


私も年老いたら、あの様な鋭い目つきで回転寿しに挑みたいと思いましたが、ボケてしまい、廻ってくる皿を取らずにネタを取るということだけはしないようにしたいなあなどと思います。
posted by ハナムラ・ヒロユキ at 10:16| ただの日記

2015年03月10日

友達の手・・・

image.jpg

前回の個展で作品を搬入するとき、高校空手部時代の同級生が、この日は休みだとのことで少し手伝ってくれました。


T君というのですが、彼は現在、自営業で自転車屋をしています。


普段は自転車の修理などをしていてチェーンなどの部品を触っているので、T君の手は黒い油で汚れています。


仕事柄いちいち綺麗に手を洗っていることができないようで、手伝いにきてくれた時もT君の手は油で黒く汚れていました。


昼時になったので、共同出展者の松久玄君とT君と私の3人で、私がおすすめの美味しいラーメン屋に行きました。


私はT君に「この店は、つけ麺がすごく美味しい」と勧めたにも関わらず、T君は券売機で券を買い、店員さんに黒い油でベタベタの手で券を渡して注文したのは


「油そば」


T君が黒い油でベタベタの手で油そばを食べる姿を見ると、油への強いこだわりを知ることができました。


次回会う時は、顔も黒くなってないことを祈る。



posted by ハナムラ・ヒロユキ at 11:33| ただの日記

2015年03月07日

バーガーキング・・・

先日、妻が久しぶりにハンバーガーが食べたいと言ったので、私たちは近所のイオンに新しくオープンしたバーガーキングに行きました。


私は海外に居た時には、よくバーガーキングを利用していました。


バーガーキングでは、私は決まってワッパーという大きいハンバーガーを注文します。


私の中では、バーガーキング=ワッパーという式になっています。


私達はバーガーキングに到着し、レジ前でメニューを見ながら順番を待っていました。


もちろん私はワッパーと決めているので迷いませんでしたが、メニュー盤の価格を見ると「¥840」とありました。


私は心の中で「高い!!海外ではこんなに高くないぞ!!」と叫びましたが、妻に知られないように平静を保っていました。


妻から、何にするか訊かれました。


動揺すると価格に注目される恐れがあるので、私は何気なく答えようとしたつもりが


「ワ、ワッパー。。。。」


と、どもってしまい、しかも小声になってしまいました。



その瞬間、妻の鋭い視線はメニュー盤を釘付けにしました。


恐らく却下されるだろうと思いながら、私は沈黙の後の答えを待ちました。


すると、


「いいけど」


いいけど??


「それを頼むんだったら、今月は外食なし」


「・・・・・・・・・・。」


意外な展開になり、私は究極の選択に迫られました。


すぐ前までレジの順番が迫っています。


いつも妻が提示する選択肢には、道徳的な要素が含まれております。


今回で言えば、ワッパーを注文して己の快楽に浸ることを選ぶのか、もしくは、ワッパーを諦め外食を希望することで、家族の団欒な時間を共有することを選ぶのかということです。


私は心の中で、妻はやっぱり一枚うわてだなぁ〜と降参し、私は我欲を克服するため外食を選択することにしました。


そして、私が選んだのは、ワッパーよりひとまわり小さい「ワッパーJr.」


私はお父さんだけど「ワッパーJr.」。。。


早く大人になれるように、心もJr.から卒業せねばと思います。


妻のマネージメントがないと私は生き延びることができないので、妻には大変に感謝しているということを付け加えさせていただきます。






posted by ハナムラ・ヒロユキ at 17:27| ただの日記